履歴書や職務経歴書の書き方一つで採用が左右されるので、ちょっとした書き方のポイント・コツ・工夫で就職や転職を有利にしよう

Menu ▼
就職や転職を成功させるポイント
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
書類の書き方の重要ポイント
添え書きのポイント
最終チェックポイント
サンプル例とフォーマット・ダウンロード
年齢早見表
 TOP最終チェックポイント最終チェックをお忘れなく
就職や転職を成功させるポイント
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
書類の書き方の重要ポイント
添え書きのポイント
最終チェックポイント
サンプル例とフォーマット・ダウンロード

最終チェックをお忘れなく


■ あとの祭りにならないように


新卒者の就職活動と違い、中途採用への応募は、時間的に余裕がないのが実情です。



しかし、いくら時間がなくスピードを必要とすると言っても、自分の人生が一変するかもしれない大切な書類を一度もチェックせずにお送りするのは、やはり軽率といわれてもしかたありません。

提出後に、ミスに気づいても後の祭りです。封をする前に必ず見直しましょう。

応募者が多数の場合には、ちょっとしたミスで選考から外されるケースも無論ありますので、念には念をいれましょう。

■ 採用側の目をもって見よう

見直しは、できれば書き上げた直後はやめておきましょう。

何でも、自分の思い入れが強いときに書き上げた文章と言いますのは、すでに文章の中に先入観がありますので、たとえ文章に書き間違いやミスがあっても発見できないことがあるからです。

ですから、少し頭を冷やしてから、見直すことにしましょう。

たとえば、昼に書き上げたものなら夜、夜に書き上げたものなら、朝に見直すと良いでしょう。

自分が誠意を込めて書き上げたものは、十分自己アピールができると思い込みやすく、また、「これでよし」という気持ちが沸き起こりやすいのですが、もう一度、採用する側から見た視点で再チェックして見ましょう。
ひょっとしたら、思い入れが強いために、文章がくどくなっていませんか。

■ 第三者の冷静なチェックを受けましょう

だれか、冷静な第三者に見てもらうのも良い方法です。

第三者が読みますと、分かりづらい言葉とか、説明不足のところなど、自分では気がつきにくい箇所が、発見されるものです。

自己PRにして、自分の思い込みが強すぎて、採用する側が読んだら自慢にしかなっていないような書き方だってありまから、気をつけてください。







最終チェックポイント
最終チェックをお忘れなく
送る前のチェックポイント
封筒の選び方
郵送の場合の注意点






仕事のできる男と仕事のできない男との違い
先人が残した古歌・辞世の歌・格言から人間の生き方を学ぼう
おひとりさまの心構えと老後の対策
生まれ日で分かる性格診断
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
彼と彼女・男と女の大人の恋愛法則
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病の予防と睡眠によるストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方

Copyright (C)2015. 採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント All rights reserved.