履歴書や職務経歴書の書き方一つで採用が左右されるので、ちょっとした書き方のポイント・コツ・工夫で就職や転職を有利にしよう

Menu ▼
就職や転職を成功させるポイント
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
書類の書き方の重要ポイント
添え書きのポイント
最終チェックポイント
サンプル例とフォーマット・ダウンロード
年齢早見表
 TOP添え書きのポイント書き方の手順とポイント
就職や転職を成功させるポイント
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
書類の書き方の重要ポイント
添え書きのポイント
最終チェックポイント
サンプル例とフォーマット・ダウンロード


書き方の手順とポイント


@ 前付を書く


★ 日付・氏名・住所
・ 日付は提出する年月日を記入する。履歴書・職務経歴書の日付もあせておくこと。
・ 住所には郵便番号も書き添えます。氏名の後には捺印しますが、省略も良い。



★ あて先
・ 志望先の会社名、部署名、担当者名(フルネーム)を書く。封筒のあて名とそろえます。
・ 担当者名が分からないときは、部署名に「御中」としても良いが、できれば、電話で確認するなどして担当者あてに送付するのが良い。


A 前文を書く

★ 表題
・ 何について書かれた手紙か、ひと目で分かるようにタイトルを書きましょう。
たとえば、「応募書類の送付について」「企画部スタッフとして応募のこと」

★ 頭語・前文
・ 初めて出す正式な手紙であることをわきまえて、きちんと頭語からはじめる。
・ 頭語は、「拝啓」が一般的。「謹啓」とすると、とくに丁寧な言い回しとなり、主文もそれに合った表現をする必要があります。
「拝啓 貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます」
「拝啓 貴社におかれましては、ますます語繁栄のこととお喜び申し上げます」


B 主文を書く

★ 応募の経緯・希望職種
・ どのようなルートで応募したかを述べ、希望職種を明記する。
・ 求人広告による応募は、広告の掲載日と媒体名を記します。
紹介による応募は、紹介者の氏名・身分を明記。
「2月の毎日新聞の折り込み広告を拝見し、営業部員として応募させていただきました」

★ 自己PR・志望理由
・ 自分の最大のセールスポイントを自己紹介を兼ねて記載する。
志望理由は採用担当者を納得させるものを。
・ 添え状のメイン部分ですが、長すぎないようにします。応募書類との内容の重複にも注意。できるだけ表現を変えて、語句をコピーしたものを使用しない。
「設計事務所に勤務のかたわら養成校に通い、建築図面の基礎知識やCAD操作を取得しました。「未経験者可」という貴社で、自分を生かし野場したいと、応募しました。」

★ 面接・採用検討のお願い
・ 履歴書・職務経歴書を同封してある旨を伝え、検討してくれるようお願いして面接を申し込みます。
「履歴書・職務経歴書を同封いたしましたので、よろしくご検討のうえ、ご面談の機会をいただけますようお願い申し上げます」


C 末文を書く

★ 末文・結語
・ 終わりのあいさつを述べて締めくくります。
・ 結語は、頭語の「拝啓」に合わせて「敬具」とするのが一般的。
最終行か次行の右端に書きます。
「まずは取り急ぎお願い申し上げます 敬具」








仕事のできる男と仕事のできない男との違い
先人が残した古歌・辞世の歌・格言から人間の生き方を学ぼう
おひとりさまの心構えと老後の対策
生まれ日で分かる性格診断
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
彼と彼女・男と女の大人の恋愛法則
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病の予防と睡眠によるストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方

Copyright (C)2015. 採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント All rights reserved.