履歴書や職務経歴書の書き方一つで採用が左右されるので、ちょっとした書き方のポイント・コツ・工夫で就職や転職を有利にしよう

Menu ▼
就職や転職を成功させるポイント
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
書類の書き方の重要ポイント
添え書きのポイント
最終チェックポイント
サンプル例とフォーマット・ダウンロード
年齢早見表
 TOP添え書きのポイント職歴にブランクがある場合の添え状
就職や転職を成功させるポイント
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
書類の書き方の重要ポイント
添え書きのポイント
最終チェックポイント
サンプル例とフォーマット・ダウンロード


職歴にブランクがある場合の添え状


★ 自発的にしていたことをアピール


・ 1年以上ブランクがある場合には、採用側としてはいろいろ疑念を抱くこともありますので、あらぬ疑いをかけられる前に、明確にしておくことが大切です。



・ それと、採用側はそのブランクによって職務上のスキルが鈍っていることを懸念することもありますので、できれば、その間に自分のスキルをどう磨いてきたかを説明するのも良いでしょう。

・ そこで、資格取得のための勉強をしてきたことや、ブランクの期間中もしっかり自己啓発してきたことをアピールしましょう。

★ 現在、あなたの置かれている環境の記述

・ ブランクがあるということは、その間にあなたが再就職できなかったか、しなかった理由があるわけですから、現在のあなたの状況について説明し、再び勤務できる状態になったことを明確にしておく必要があります。

・ とくに、怪我とか病気、あるいは親の介護などで仕事ができなかった場合には、採用側の不安を払拭するためにも、ぜひ記載しておきましょう。

・ なお、傷病によるものは、現在の体の状態について記し、勤務に差し支えることがないことを力説しておきましょう。

  具体的な書き方例

 私は、大学卒業後、西洋物産株式会社営業部に所属していて、4年にわたり受発注業務や在庫管理業務を担当してきました。
 しかし、平成○年に実家の家業の旅館が経営不振に陥ったため、同社を退職して経営再建に奔走していましたが、今年、ようやく経営改善の兆しが見えてきたことと、弟が大学を今春卒業して、すでに家業を継いでいることから、私も後顧に憂いなく、また職に就くことが可能になりました。
 3年近いブランクはありますが、家業を手伝うのにも必要なことから、PCスキルのアップを図ることができたことと、エクセル、ワードなどのオフィスソフトを操作するのにも、何の問題もありません。









仕事のできる男と仕事のできない男との違い
先人が残した古歌・辞世の歌・格言から人間の生き方を学ぼう
おひとりさまの心構えと老後の対策
生まれ日で分かる性格診断
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
彼と彼女・男と女の大人の恋愛法則
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病の予防と睡眠によるストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方

Copyright (C)2015. 採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント All rights reserved.