履歴書や職務経歴書の書き方一つで採用が左右されるので、ちょっとした書き方のポイント・コツ・工夫で就職や転職を有利にしよう

Menu ▼
就職や転職を成功させるポイント
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
書類の書き方の重要ポイント
添え書きのポイント
最終チェックポイント
サンプル例とフォーマット・ダウンロード
年齢早見表
 TOP書類の書き方の重要ポイント採用担当者は書類で何を見ようとするのか
就職や転職を成功させるポイント
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
書類の書き方の重要ポイント
添え書きのポイント
最終チェックポイント
サンプル例とフォーマット・ダウンロード

採用担当者は書類で何を見ようとするのか


厳しい転職戦線


現在のような厳しい就職戦線では、志望する会社に書類を送ったとしても、面接まで進むことは容易ではありません。
応募者の大半は、書類選考であえなく果ててしまうのが現実です。

採用担当者は、書類で何を見ようとしているのでしょうか。



■ 書類の書き方や文章表現が適切か

誤字・脱字・記載漏れなどの初歩的なミスは問題外で、主に

@ 必要な情報が項目ごとに適確に述べられているか
A 文章が分かりやすく整理され、丁寧に書かれているか
B 文章表現に具体性があるか
などの点がチェックされるようです。

■ 書類に熱意や意欲が出ているか

自己分析がしっかりできていないために、自己アピールが曖昧になって、自分自身が良く分かっていないケースがあります。
こういう人の書類は、志望動機も通り一遍のものになっていますので、採用担当者につまらない印象を与えてしまいます。
入社したいという気持ちだけではむずかしく、「自分が社員になれば、会社に何を貢献できるか」という気持ちを伝えるように工夫しなければ、企業の採用担当者にあなたの熱意や意欲を感じてもらうことはできないでしょう。

■ 転職を繰り返していないか

企業は、一つのことに打ち込めない人を極度に嫌います。
特に、転職を繰り返していれば、会社への定着性に疑問が持たれるのは致し方ないでしょう。
転職回数は重要なチェックポイントのようです。
2回以上の転職を繰り返しますと、、どうしても「何か人間に問題があるのではないか」と疑ってかかられるので、回数の多い人は、明確な退職理由を前向きに表現し、応募書類に書いておくのが良いでしょう。

■ 書いてあることに矛盾はないか

職務経歴書では、職歴と退職理由、志望理由などが書かれていますが、それらが一本の糸でつながって、現在の応募理由になっていることが必要です。
書いてあることに矛盾があれば、書類としての信用性が失われることにもなりかねませんので、書類を書き終わったら、そのあたりも再度チェックしてみましょう。たの人間性と魅力が伝わって人事担当者の心を惹きつけるのです。








仕事のできる男と仕事のできない男との違い
先人が残した古歌・辞世の歌・格言から人間の生き方を学ぼう
おひとりさまの心構えと老後の対策
生まれ日で分かる性格診断
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
彼と彼女・男と女の大人の恋愛法則
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病の予防と睡眠によるストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方

Copyright (C)2015. 採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント All rights reserved.