履歴書や職務経歴書の書き方一つで採用が左右されるので、ちょっとした書き方のポイント・コツ・工夫で就職や転職を有利にしよう

Menu ▼
就職や転職を成功させるポイント
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
書類の書き方の重要ポイント
添え書きのポイント
最終チェックポイント
サンプル例とフォーマット・ダウンロード
年齢早見表
 TOP履歴書の書き方学歴は見やすく正確に
就職や転職を成功させるポイント
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
書類の書き方の重要ポイント
添え書きのポイント
最終チェックポイント
サンプル例とフォーマット・ダウンロード

学歴は見やすく正確に


1 人と違う経歴は自己アピールの材料に


「転職者用」として市販されている履歴書用紙の学歴欄は、最終学歴から書き込むようになっていますが、これは新卒者の人と違い、学歴よりも、今まで何をやってきたか、を重視するためです。



注目されるのは、仕事での実績と能力ですから、もし、仕事の実績と学歴の内容が違うような場合には、大いにアピールする材料になります。

たとえば、大学の工学部を卒業しているのに、自動車の販売で実績を上げているとしたら、その経歴をアピールすることで、評価されることも考えられます。

書類選考で有利になると思われることは、大学での卒業論文のテーマなどでも、しっかりと書いておきましょう。


2 不利な条件は、理由を明確にしておきましょう

浪人経験や留任などは、あえて書く必要はありませんが、中途退学したような場合には、卒業の場合と同様に学歴欄に中途年次を、学校名を記入します。
できれば、中途にいたった原因も書いておくのがベターです。

中途退学といえば、一般の人は、「大学を最後まで頑張ってやれる人間ではなく、何ごとも長続きしない性格だなあ」と思われるなどして、悪いイメージを企業側に抱かせてしまいます。

明確に理由を書くなどして、他人のヘンな詮索を避けるためです。


3 名称は省略しないこと

一般の場合、小学校、中学校は卒業年月のみ、高校からは入学年月と卒業年月の両方を記入します。

たとえ、同じ名称であっても、フルネームで書き、「〃」などの略記号を使うのはルール違反と考えてください。

留意したい例
・「○○高校」→「○○高等学校」
 県立であれば、「○○県立高等学校」
 市立であれば、「○○市立高等学校」

・学部、学科、専攻まで記載するのが基本

・アピールポイントは忘れず記入
「卒業論文」や「研究テーマ」があれば、じゅうぶんアピールポイントになりますので、しっかり書いておきましょう。








仕事のできる男と仕事のできない男との違い
先人が残した古歌・辞世の歌・格言から人間の生き方を学ぼう
おひとりさまの心構えと老後の対策
生まれ日で分かる性格診断
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
彼と彼女・男と女の大人の恋愛法則
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病の予防と睡眠によるストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方

Copyright (C)2015. 採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント All rights reserved.