履歴書や職務経歴書の書き方一つで採用が左右されるので、ちょっとした書き方のポイント・コツ・工夫で就職や転職を有利にしよう

Menu ▼
就職や転職を成功させるポイント
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
書類の書き方の重要ポイント
添え書きのポイント
最終チェックポイント
サンプル例とフォーマット・ダウンロード
年齢早見表
 TOP職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス第二新卒の場合
就職や転職を成功させるポイント
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
書類の書き方の重要ポイント
添え書きのポイント
最終チェックポイント
サンプル例とフォーマット・ダウンロード

第二新卒の場合


1 まずは、アピール材料を見つけること


社会に出て2,3年前後の第二新卒の場合、採用担当者が考えることは、またすぐに転職するのではないかということです。



これらのマイナス面を払拭するためには、自分を売り込む材料を強調して採用側に印象づけることが大切です。

応募書類は誠意や真面目さが伝わるように丁寧に書きましょう。

キャリアが短い分、アピール度が少ないのは仕方ありませんが、新人研修やマナー研修などを受けていれば、フリーターや新卒者にはないアピール度になります。

組織としての基礎が身に付いていると評価されるからです。


2 希望職種に関連する経験はすべて書きましょう

勤務経験は少ないとしても、その期間中に担当していた業務があるわけですから、それらはすべてピックアップして詳細に書いておきます。

それらは、「短期間でも意欲的に仕事を取り組んだ」と評価されるものであり、あなたの基礎能力を示す指標になるものです。
  
たとえアルバイト歴であっても、希望職種に関連したものであれば、記載する価値があります。
すべて希望職種を意識した視点で書くことが大切で、何でも利用できるものは利用するのが良いのです。


3 退職理由は必ず書きますが、前向きな表現がポイント

特に採用者側が注目するのは、なぜ短期間で辞めたのかということですので、退職理由の記載については必須です。

退職理由は、「志望動機」や「自己PR」などとも関連してきますので、それらの項目を設けるなどして、自分の目指す将来目標や仕事に対する考え方などを交えながら、退職理由を前向きな表現で記載することが大切です。

たとえば、「会社の方針についていけなかった」とか、「仕事の内容が自分に向かなかった」などとは、書かないこと。

もし、書くとすれば、「勤務当初は何も考えなかったが、現在では、いろいろ経験したおかげで、自分が取り組むべき仕事が見つかった」などと、前向きに捉えた転職であることをアピールすべきです。

また、資格などスキルアップをはかっているなら、たとえ資格を取っていなかっても、現在、スクール教室に通っていると積極的に書いておきましょう。







職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
 職務経歴書の書き方
職務経歴書とは
職務経歴書の内容は具体的に
職務経歴書作成のポイント
職務経歴書作成の手順
手順@(キャリアの洗い出し)
手順A(人材ニーズの把握)
手順B(情報は正確に表現)
手順C(項目の内容構成)
手順D(レイアウトを検討)
手順E(スタイルを決める)
 ワンポイントアドバイス
書くことがない場合は、どうしたらよいの
第二新卒の場合
フリーターをしていた場合
派遣社員をしていた場合
転職回数が多い場合
リストラで転職する場合
結婚・出産後の再就職
★今すぐ使える【職務履歴書】のフォーマット・ダウンロード






仕事のできる男と仕事のできない男との違い
先人が残した古歌・辞世の歌・格言から人間の生き方を学ぼう
おひとりさまの心構えと老後の対策
生まれ日で分かる性格診断
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
彼と彼女・男と女の大人の恋愛法則
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病の予防と睡眠によるストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方

Copyright (C)2015. 採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント All rights reserved.