履歴書や職務経歴書の書き方一つで採用が左右されるので、ちょっとした書き方のポイント・コツ・工夫で就職や転職を有利にしよう

Menu ▼
就職や転職を成功させるポイント
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
書類の書き方の重要ポイント
添え書きのポイント
最終チェックポイント
サンプル例とフォーマット・ダウンロード
年齢早見表
 TOP職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイスリストラで転職する場合
就職や転職を成功させるポイント
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
書類の書き方の重要ポイント
添え書きのポイント
最終チェックポイント
サンプル例とフォーマット・ダウンロード

リストラで転職する場合


1 気持ちを切り替えて前向きに考えること


リストラや倒産で転職せざるを得ないような場合、どうしても暗い気持ちになって卑屈になるものです。



しかし、採用担当者から見ると、応募者の一人というだけで、チェックされるのは、あなたがこれから何ができるかということで、「どのような実務能力や実力を備えているか」であります。

したがって、あなた自身がもう少し自信を持って、客観的に自分自身を評価することが大切です。


2 実務能力をリストにしてアピール

長年にわたって、実績や経験を積んできた場合には、その職歴を書いていきますと膨大になりますので、まずは、志望企業で役立つかどうかを基準に、自分のキャリアを整理して絞り込みましょう。

ただ、同じ仕事をずっと続けてきた場合には、職歴自体はあまり多くないので、できれば、手がけた仕事内容をリスト化して書くのが良いでしょう。

いずれにしても、即戦力になることをアピールすることが大切ですので、何か項目を設けて、あなたのできることをリストアップするのも良いです。


3 退職理由は不利にならないよう書くこと

職務経歴書で退職理由に触れなければなりませんが、リストラの場合には、「自己都合により退職」ということにはならないので、すべて「会社都合により退職」となります。

気をつけたいのは、勧奨退職を受けた場合ですが、けっして「会社の業績不振により退職を勧奨されたため」などと書かないことです。

その場合には、「会社の業績不振により希望退職」などと書き、自分に不利になるようなことをわざわざ書くものではありません。







職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
 職務経歴書の書き方
職務経歴書とは
職務経歴書の内容は具体的に
職務経歴書作成のポイント
職務経歴書作成の手順
手順@(キャリアの洗い出し)
手順A(人材ニーズの把握)
手順B(情報は正確に表現)
手順C(項目の内容構成)
手順D(レイアウトを検討)
手順E(スタイルを決める)
 ワンポイントアドバイス
書くことがない場合は、どうしたらよいの
第二新卒の場合
フリーターをしていた場合
派遣社員をしていた場合
転職回数が多い場合
リストラで転職する場合
結婚・出産後の再就職
★今すぐ使える【職務履歴書】のフォーマット・ダウンロード






仕事のできる男と仕事のできない男との違い
先人が残した古歌・辞世の歌・格言から人間の生き方を学ぼう
おひとりさまの心構えと老後の対策
生まれ日で分かる性格診断
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
彼と彼女・男と女の大人の恋愛法則
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病の予防と睡眠によるストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方

Copyright (C)2015. 採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント All rights reserved.