履歴書や職務経歴書の書き方一つで採用が左右されるので、ちょっとした書き方のポイント・コツ・工夫で就職や転職を有利にしよう

Menu ▼
就職や転職を成功させるポイント
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
書類の書き方の重要ポイント
添え書きのポイント
最終チェックポイント
サンプル例とフォーマット・ダウンロード
年齢早見表
 TOP職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイスフリーターをしていた場合の書き方
就職や転職を成功させるポイント
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
書類の書き方の重要ポイント
添え書きのポイント
最終チェックポイント
サンプル例とフォーマット・ダウンロード

フリーターをしていた場合の書き方


1 フリーターに対するマイナスイメージの払拭が必要


フリーターに対して世間一般では、どうしても「気楽な気持ちで働いている」という印象を持つことから、応募企業の採用担当者も、なぜわざわざフリーターをやめて正職員を希望するようになったのか、非常に疑問に思うところです。



要は、安易な気持ちで働いてもらいたくないということです。

ですから、なぜフリーターをしていたのかを納得してもらう必要がありますので、理由を明確にしておくことが大切です。

たとえば、「自分には目指すものがあったので、正社員になれなかった」とか、あるいは、「自分は何をしたら、社会に貢献できるのかをずっと探していた」などと、理由をつける必要があります。

ただ、理由はともあれ、要は、フリーター生活は、目的があってしていたのだということを、はっきり伝えましょう。


2 勤続意思を自己PRしましょう

フリーターは、いつでも自分の意思で退職できる環境にありますので、企業側にとっては、「いつ、やめるか分からない」という不安があります。
そういうマイナス評価を払拭するためにも、勤続意思がしっかりあることを自己PRすることが大切です。

もし、フリーターの時も、社員と同様の扱いを受けていたことがあれば、それらも自己主張しておくべきです。


3 これまで経験した業務はすべて書いておきましょう

職務経歴書では、いままで携わった仕事については、すべて書き出し、職務遂行能力があることを印象づけてください。

多数のアルバイト経験がある場合には、それらを業種ごとに分類整理し、「これらのアルバイトなどを通じて、自分の進むべき方向が見えてきた」と表現すれば、フリーター経験もマイナスに働くことが少なくなるでしょう。







職務経歴書の書き方とワンポイント・アドバイス
 職務経歴書の書き方
職務経歴書とは
職務経歴書の内容は具体的に
職務経歴書作成のポイント
職務経歴書作成の手順
手順@(キャリアの洗い出し)
手順A(人材ニーズの把握)
手順B(情報は正確に表現)
手順C(項目の内容構成)
手順D(レイアウトを検討)
手順E(スタイルを決める)
 ワンポイントアドバイス
書くことがない場合は、どうしたらよいの
第二新卒の場合
フリーターをしていた場合
派遣社員をしていた場合
転職回数が多い場合
リストラで転職する場合
結婚・出産後の再就職
★今すぐ使える【職務履歴書】のフォーマット・ダウンロード






仕事のできる男と仕事のできない男との違い
先人が残した古歌・辞世の歌・格言から人間の生き方を学ぼう
おひとりさまの心構えと老後の対策
生まれ日で分かる性格診断
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
彼と彼女・男と女の大人の恋愛法則
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏の心理をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病の予防と睡眠によるストレス解消法
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方

Copyright (C)2015. 採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント All rights reserved.